手術や入院が不安だ…そんなときのセカンドオピニオンサービス

セカンドオピニオンとは

病院に行って「これはすぐに手術が必要ですね」と言われて心配・不安なことがありませんか?手術はできるなら避けたい。もっと他の医師の意見も聞きたい。主治医の意見を素直に受け入れることが難しいと判断したときに第二の意見として他の医師の意見を聞くこと、それがセカンドオピニオンサービスです。

医薬分業に始まり、医療の専門分野はますます細分化されつつあります。診療を受けた医師が必ずしも患者に最適だとは限りません。専門外の診断をしたことで、また、その医師の偶発的な見落としなどが医療ミスにつながることもあります。多方面からの意見を聞くことで患者が納得して治療に専念できる。患者自身が治療法を決定する。アメリカでは当たり前のサービスですが、日本でも浸透・普及しつつあります。
※セカンド(Second)・・・第二の オピニオン(opinion)・・・意見

セカンドオピニオンサービスの利用に当たって

医師と患者の信頼関係を築くことが大切で、双方にとってメリットがあります。医師にとっては見落としやリスクの軽減、患者にとっては治療前の不安払拭など。セカンドオピニオンサービスを受けたい場合には医師にその旨を伝えます。情報ネットワークを通じて主治医が他の石を探し、新しい医師の紹介を受けることになります。

注目連載記事バックナンバー
突然の事態にも対応したい医療保険

▲ページの先頭へ戻る